プロフィール

                      田島 俊雄(田嶋 俊雄) たじま としお

1. 略歴

 ・東京大学大学院農学系研究科博士課程(農業経済学専門課程)中退。農学博士(東京大学)。

 ・農林水産省農業総合研究所(現・農林水産政策研究所)研究員。

 ・東京大学社会科学研究所助教授、同教授、同附属日本社会研究情報センター(現・社会調査・データアーカイブ研究センター)運営委員長、同副所長、同現代中国研究拠点運営委員長を経て、東京大学名誉教授(2014年6月〜)。

 ・大阪産業大学経済学部教授(2014年4月〜2018年3月)。

 

2.現在

 ・(公財)東洋文庫研究員、『中国経済史研究』(中国社会科学院経済研究所)海外編集委員

 

3.   研究分野

 ・農業経済、産業経済、東アジア経済

 

4.過去10年間の主たる研究テーマ

   ・日本占領下の華北セメント産業

   ・WTO体制下の中国農業・農村問題

      アズキと東アジアー日中韓台の域内市場と通商問題

  ・ 東アジアの土地調査事業と地租改正

 東アジアの農業構造調整問題

   ・東アジア経済史化学電力セメント

 中国経済の産業組織論的研究

  五小工業」(鉄鋼、自動車・農用車、農業機械・ディーゼルエンジン、化学、電力、セメント)の展開構造

   中国の地方政府間財政関係と「属地的経済システム」

 戦後台湾経済

    ・財務諸表・統計諸表制度と中国経済のガバナスンス

   ・華北乾地農法と占領下北京の農業試験研究機関(国立北京大学農村経済研究所、華北産業科学研究所・華北農事試験場)

 ・占領下北京の農業試験研究機関と戦後日本の農業経済研究

   ・西北聯合大学の設立・改組と戦後の学制改革

  日中間のオフショア・ソフトウエア開発

  ・東アジアにおけるルイス的転換点と中国

  ・中国の農産物需給とバイオエタノール

  ・「農用車」と中国農村のモータリゼーション

  ・中国の電力需給と原発問題

  

.学会活動など

 ・基盤研究(A)/海外学術調査「地理空間情報を用いた近現代中国の都市・農村社会の実相復元と空間分析」(研究代表者:片山剛、2017〜2020年度)

  ・天野本研究会(1979年〜)、東アジア経済史研究会(2004年〜)、中国雑豆研究会(2012年〜)

 ・日本農業経済学会中国経済経営学会

   

7.近年における学協会誌レフェリー担当

  『農業経済研究』『現代中国』『アジア研究』『土地制度史学』『社会経済史学』『日本不動産学会誌』『中国経済研究』『中国研究月報』『アジア経済』『中央研究院近代史研究所集刊』

 

             [ホームに戻る]